函館市深堀町 T様邸 TOTO トイレ交換工事(令和2年3月施工)

みなさんこんにちは!😄

4月も始まり、新生活シーズンがやってきますね!🌸

コロナの影響で学校の卒業式などの延期・中止があると聞きましたが、入学式はどうなるのでしょうか?💦

 

今回はトイレの交換なのですが、隅付タンク式便器からの交換事例についてご紹介いたします💡

 

🔷 交換前に注意すべき点 🔷

隅付タンク式便器とは、施工前画像のような奥壁側に三角形のタンクがあり、銀色の洗浄菅を経て便器に繋がったトイレです。

【施工前】

現在、このタイプのトイレをご使用で一般的なタンク密結型やその他のトイレへの交換をご検討中のお客様にはぜひ参考にして頂きたいです💡

 

通常、隅付タンクの左右どちら側かに給水菅がある場合が多いです。
そのため一般的な便器に比べ給水位置が高くなることが多くなります。

 

同じ形状のトイレへの交換であればさほど問題はないのですが、一般的な便器への交換の場合、通常の給水ホースで設置できる範囲を大きく越えるため、元々の同梱品だけでは接続することができません💦

その場合、通常の給水ホースで設置できる適切な位置まで部材を使用して下げます。
給水位置が横の壁面側にあれば給水位置を下げるだけで設置は可能ですが、後ろ壁面側にある場合、既存の給水の高さによっては部材を使用することでタンク・便器の後方部に干渉してしまうことがあります。
そのため、場合によっては干渉しない位置までトイレ自体を前に出して設置する場合もあります。

 

部材が干渉する場合、メーカーではタンク背面と壁との距離55mm以上離して設置することを推奨しております。

その結果、トイレ奥壁面から便器先端は『トイレ本体の奥行寸法+55mm以上』程のスペースを要します。

 

トイレ室内の奥行きがあまりない場合、便器前面のスペースが狭く感じてしまう可能性もございますのでご注意ください!

…長々書きましたが、実際は私たちが訪問しトイレを見ますので、そこで詳しいお話をさせて頂きます😊

 

🔷 トイレの取り外し→CF・クロス張替 🔷

今回はクッションフロア・壁紙の張り替えがあるので、

 

↓ 全て剥がし、張り替え作業を。

 

 

 

🔷 本体の交換 🔷

今回はちょうど便器の真後ろに給水管があったため、少し手前に出し便器との干渉をさけるよう施工しました。

【施工後】

 

もともと付いていた隅付タンクは、接している壁面に直接固定されておりますのでビス固定の痕が残ります
また、既存の壁紙がトイレ設置後に後張りされていた場合なども、交換後に新しいトイレとの形状の違いから壁紙が張られていない面が露出してしまう可能性があるので、事前のチェックが必要となります。

簡易的にコーキング剤で補修する場合もありますが、完全に見えなくなることは難しいので壁紙の張り替えをオススメ致します。

 

最初はウォシュレットだけの交換見積もりだったのですが、隅付タンクの水量が気になり新しいトイレはどのくらいなの?という話からトイレ一式の交換となりました。

隅付きタンクの場合、大で流すと12~13リットル程の水を使用します。

今回交換したTOTO ピュアレストQR タンクは一回の水量が大で4.8ℓ、小で3.6ℓとかなりの節水タイプとなっております。

 

 

当社はお見積りは無料ですので、気になる商品があるけど付くの?など疑問や質問などあれば、お気軽にお問い合わせください😄

 

当社公式のFacebookページもありますので、是非そちらも「いいね!👍」よろしくお願いいたします!

一覧を見る
困った時はお電話ください!

PAGE TOP